メニュー

糖尿病

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病気です。

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病の2つのタイプがあります。

1型糖尿病はウイルス感染や自己免疫により膵臓のインスリンを分泌する細胞(β細胞)が破壊されておきる糖尿病で、多くは小児期に発症します。生活習慣とはあまり関係がなく、元阪神の岩田稔投手などスポーツ選手にもこの病気を持っておられて支援活動を行なっている方もおられます。

ほとんどの方(95%)は2型糖尿病で、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ・運動不足などでインスリンの効きが悪くなり(インスリン抵抗性)、進むとインスリンの分泌能も低下してくる病気です。

糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症など)を引き起こし、動脈硬化を進めて脳卒中や心筋梗塞などの血管系の病気やさらには認知症のリスクを高めることも知られています。

当院の治療

1型糖尿病の方にはインスリン自己注射による治療が必須で、2型糖尿病でもインスリンの分泌能が低下している方にはインスリン治療が有効です。

2型糖尿病の方には内服薬やインスリン以外の注射も有効です。ここ10年ほどで内服薬や注射薬も大きく進歩しました。

運動療法や食事療法も大事なのですが、生活習慣病という偏見にとらわれて治療が遅れることの方が心配です。

上手くコントロールしていけば、大きな不具合を生じることなく付き合っていける病気です。ご相談ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME